July 17, 2007

ファミ通 クロスレビュー ぐるぐるガラクターズ GB版 31点

ぐるぐるガラクターズ 項目トップへ


作りはものすごくオーソドックスなRPG。
アイテムを収集するという行為と、そのアイテムが異世界に行くことでモンスターや別のアイテムに変身してしまう意外性。
そこらへんのバランスが肝で、楽しく没頭できる。
低年齢層を意識した作りで、幅広い層に受け入れられるのでは。


男の子がワクワクする要素満載。
現実世界のガラクタが異世界に行くとモンスターに変身。
その逆もあって世界の行き来が面白い。
「メガテン」よろしく戦闘中に敵を仲間にする会話システムもあるので、戦闘も楽しげ。
ただ、世界の行き来ごとにパーティーを決めなおすのは面倒。


”ぐるぐるシステム”サイコー!
ガラクタが異世界でどんなアイテムやモンスターに変身するのかワクワクするし、ゆえに収集意欲も湧く。
モンスターとの会話も重要なので、飽きずに戦闘に挑めるし。
ちょっと間の抜けたストーリーも個人的にはお気に入り。
これ、かなりいい感じ。



ふたつの世界を行き来することで、アイテムがモンスターに変化する意外性。
「真・女神転生」ライクな会話システム。
そしてちょっとおバカなストーリー展開。
子供向けのように見えるが、なかなかに奥深く、丁寧に作られている。
セーブデータがひとつしか作れないのがなんとも残念。


ぐるぐるガラクターズ 項目トップへ






gamekoryaku at 17:29│コメント(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔