将掘淵機璽謄ーン)項目トップへ


ストーリー部分はPS2版と同桟だか、操作はこちらのほうがやりやすい。
見た目は一人称視点のシューティングだが、内容はアクションに近く敷居は低い。
また、XboxLiveに対応しているのも大きな魅力。
つぎつぎと復活するアイチムで強化しまくる対戦は、格闘ゲーム的で痛快。


基本部分はPS2版と同じ。
一人称視点のため、操作系のクセは感じつつも、個性的なデザインを動かす感興は乏しく残念。
物語を追うのもいいが、xboxLiveでアクションに特化した対戦を楽しめる点でXbox版ををオススメ。
本作のおもしろさの核が味わえる内容で、テンションアップ確実。


独特のタッチが印象的。
物語の進行に合わせ、徐々に操作が学べるため、とても遊びやすい。
難度も程よいね。
XboxLiveでの対戦は、武器やアイテムなどがすぐ取れるため、短時間でサックリ遊ぶにはいい。
もっと大人数で遊べたら、ステージがもう少しあればと思うけどね。


オンライン対戦が可能という部分で、プレイステーション2版よりも濃い内容。
さらにはこちらのほうが描画が滑らか。
その影響か、操作感覚も軽快に感じられた。
オンライン対戦に関しては、「QUAKE」など昔の非リアル系FPS(一人称視点シューティング)がダブって見えた。
爽快感アリ。


将掘淵機璽謄ーン)項目トップへ