アウトラン2 項目トップへ

ミッションモードは、特殊なステージをのぞき19種類のミッションで構成されている。
ドリフトを駆使するドライビングテクニックは、どのミッションでも重要、しかしミッションによって、速く走ったほうがいい場合と、低速で回ったほうが確実な場合がある。
超人的なテクニックがなくても、コツをつかめば光明が見えてくるぞ。


ドリフト


「ドリフト状態を維持しよう」

決められた区間でドリフトをするとハートか溜まっていく。
もっとも重要なポイントは、路肩をこすらないこと。
ドリフト中に路肩をこすると一定時間ハートが加算されなくなるので、非常に痛い。区間以外なら事故はダメだか路肩をこすってもいい。

ステージ5.2
路肩をこすらないことが最優先

無理せず路肩をこすらないように進めよう。
区間のあいだには直線的な場所もあるが、無理にドリフトをかけなくてもいい。
コーナーでしっかりトリフトをかけ、路肩にこすらないことを最優先する。
最終コースの古代廃虚は、長時間ドリフトかできるのでハートを稼ぐチャンスだ。
最後はドリフトしながら左右に切り返さなけれぱならないので注意。


クレイジーコンボイ


「落ち着いて走れ!」

大型トラックが多数出現する道で、ぶつからないように走るミッション。
ぶつかってはいけないのは一定区間だけで、それ以外の区間ではクルマと接触してもかまわない。
そこで、区間以外はふつうに飛ばして走り、一定区間内は速度を落として走ろう。
ゆっくり走るのがいちぱんのコツで、区間内は1台も追い抜く必要はない。
きついS字コーナーも、速度を落とせばドリフトをする必要はないのだ。
制限時間内に間に合わないことか怖いかもしれないが、区間外をそこそこのスビードで走れば問題ない。

ステージ11.1
コンポイは追い越さなくてよい

ふたつのコースがあるが、ぶつかってはいけない区問はどちらもきついS宇コーナーがほとんど。
難所が続くだけに、追い抜きは非常に難しい。
区間内での追い抜きはほぼあきらめて、ゆっくりトラックの後ろをついていこう。
それでもコース問の広い道路でとばしていけば、20秒以上余すことも可能だ。
落ち着いて走れば問題なくクリアーできるはず。



マックススピード


「完璧なラインを描け」


決められた区間で、一定速度以上を出し続けるとハートをゲットできる、このミッションの難しいところは、1回ミスするとスビードか落ちるため、つぎの区間でもスピード不足になることだ。
また、最初がうまくいっても、後半失敗して速度が落ちるとハートが減ってしまう、ミスは許されないぞ。
このミッションはオートマよりマニュアルのほうか圧倒的に有利。
マニュアルでギアを瞬間的に落とすことによって起こせるドリフトは、プレーキドリフトより高速コーナーリングが可能だ。

ステージ5.4
ギアドリフトで活路を開け

 オートマも不可能ではないがマニュアルのほうがはるかに楽。
湖のコースの最初の区間は全速で走ることができる。
砂漠の最初のふたつの区間は、ギアによるドリフトを使えば確実にハートをゲットできる。
砂漠最後の区間は難しいので、少しハートか取れれば十分。
最終コースの森は最初の入り□で事故を起こしやすい。
ふたつ目の区間が稼ぎどころだ。


ラッシュアワー


「ぶつからずにすり抜けよう」

 一定区間内に、どれだけ追い抜けるかを評価するミッション。
そのためについ無謀な運転をしがちだが、それではまったく意味がない。
区間内では接触や事故はもちろん、路肩をこすっただけでハートかどんどん減ってしまうのだ。
追い抜きよりも、ぶつからす、コースアウトせず走ることのほうが重要になる。
コーナーでドリフトをしたら、ブレーキを駆使してほかのクルマを巧妙にかわし
ていこう。
コーナーに入るまえに、クルマを避けて走るラインをあらかじめ頭に描いておくといい。

ステージ4.4
一定の速度をキープしよう

コースはふたつあるが、どちらも道は広いがきついコーナーか多い。
ドリフトしつつ、ぶつからないようにブレーキングしてすり抜けられるラインを捜していく。
道幅は広いので、ある程度速度を落としていればどこかにラインかあるはずだ。
急激に落とさずー定の速度を維持しながら走っていけば、結果的に抜いていける。
ノルマは達成できるはずだ。


ハートブレイカー


「車体をこすりつけろ」

クルマのまわりを回っているハートに接触することによって、ハートを奪っていくミッション。
クルマと一瞬擦れ違っただけでは全部のハートは取れない。
猛スピードで飛ばしまくるだけではハートを稼ぐ効率が悪い。
1台のクルマから多くのハートを奪っていこう。
クルマからすべてのハートを奪うには、近い速度でゆっくり接近する必要がある。
クルマに近づいたら速度を落とし、車体をこすりつけるように近づけてハートをゲットしよう。
つぎのクルマまでは高速で飛ばし、近づいたらスビードダウン。
スビードのメリハリをつけで走ることが成功への近道だ。

ステージ4.5
クルマとの相対速度を考える

ハートをゲットできる区間が近づいたら、減速してクルマとの相対速度を緩めておく。
そうするとまとわりつきやすい。
このコースはきつい力−プが多いので、コーナーではクルマの内側につけておこう。コーナーで流れて側面から接触するといい。


ハートコレクター


「要求の順番を覚える」

ホリーが出してくる、さまざまなリクエストに応えてハートを稼いでいく。
一定のゾーンを走ったり、コーンを飛ばしたり、ドリフトしたりとそのリクエストはさまざまだ。
ステージが同じならリクエストの順番は毎回決まっているので、しっかり覚えてお
こう。
時間に余裕がある場合が多いので、ゾーンやコーン関係のリクエストは確実にこなしていくこと。
ドリフトを使わず、低速でコーナーリングしていけば難しくないはずだ。
時間が足りなければ、高速ドリフトを少しだけ使ってタイムを短縮する。

ステージ11.5
スローペースがいちばん安全

このステージは、一定のゾーンを走るのと、ぶつからないで走るリクエストのみが要求される。
そこで、全体的にスピードを落とし、確実にリクエストに応えていくといい。
リクエストの順番は同じだが、走るゾーンは内側と外側の2種類から選ばれるので注意が必要。
どちらのリクエストも、出題されたらすぐに減速して慎重に走っていこう。
最初のコースが間に合えば、ふたつ目のコースはかなり遅く走っても大丈夫だ。


スナップハッピー


「ドリフトですれ違う」

一定区間内に設置された、巨大なハートの写真を撮るミッション。
実際には巨大ハートの手前でドリフトして車体の向きを変え、すれ違う瞬間にYポタンを押す、という手順となる。
もちろん区間内で路肩をこするとハートを失ってしまうので注意。
シャッターのタイミングだけでなく、車体とハートの位置関係も把握しておくといい。
少しブレーキをかけて、ドリフトしなから、インからアウトに流れるとベストショットが撮りやすい。
あまりハートに近いと相対速度が遠く、撮影が難しくなるぞ。

ステージ2.4
ドリフト直後のチャンスを逃すな

ハートを撮影するときはふたつのタイミンクかある。
ドリフトした瞬間と、すれ違う瞬間だ。
このコースはカーブが暖いので、ドリフトした直後がシャッターを合わせやすい。
この瞬間に撮影するといい。
またこのステージのみ制限時間が非常に長い。
そこで区間に入る前に止まるくらいまで減速し、ドリフトせずに撮影することも可能だ。
道の幅を最大限に活かし、低速で微調整しよう。確実にAAAランクが取れるはずだ。


ラブクーリエ


「スピードのメルハリが大事」

路上のハートを拾い、巨大ハートの場所を通るとハートが回収される。
ハートは5個までしかストックできないので、巨大ハートを逃すことは大きなミスになる。
タイムの余裕はそれほどないが、ハートを取りそこなうほうが問題。
最初はゆっくりと走ってハートを確実にゲットし、少しずつスビードを速めていけばよい。
ドリフトしなくてもスピードを落とせば回れる場所は、速度を落として回収したほうが無難だ。
ハートのないところでできるだけ速度を上げ、制限時間内にゴールしよう。

ステージ4.1
直線は速く、コーナーはゆっくりと走れ 

ハートはスビードを落として確実に回収しよう。
このステージでは、ハートのあるコーナーを一度もドリフトせず、低速で回っても制限時間内に間に合う。
最初のコースではきついカープにハートか配置されている。
腕に覚えがあればドリフトしてもいいが、無理する必要はない。
コーナーにハートが見えたら、アクセルを離して減速しよう。
ハートを届ければタイムが加算されるので、ハートを取り逃さなければいい。
すべて取れば、かなりゆっくり走って大丈夫だ。
そのぶん、直線は加速しよう。
ハートのないコーナーは、ドリフトして時間をできるだけ稼ぐこと。


レーザーブレイカー


「狭い隙間はハートが多い」

張りめぐらされたレーザーを通過し、ハートをゲットしていく。
ただ速く走るのではなく、クルマのあいだをぬって走るようにしよう。
また、あまりゆっくり走っているとレーザーが消えてしまうこともある。
最大のボイントは、狭いクルマのあいだだけ狙って走るということだ。
レーザー上に表示されたハートの数は、狭いあいだほど多く、広いほど少ない。
1個のハートをしつこく狙うよりも、狭いところを捜してどんどん飛ばしていったほうが効率がいいのだ。これがわかればだいぶ楽になるはず。

ステージ7.4
最初のコースで無理は禁物

最初のコースは道幅もそれほど広くなく、クルマに接触しやすい。
接触すると確実にハートか減るので注意しよう。
しかしそうはいっても、あまり遅く走っていると効率が悪い。  
ライン取りをよく考え、ぶつからないようにペースをアッフしていくことが必要だ。ふたつ目の工業地帯は道帽が広いので、ハートを稼ぐチャンス。
ハートがたくさんあるレーザーを捜し、できるだけ飛ばして積極的にレーザーをカットしていこう。


コーンランナー


「的確に倒せ!あせりは禁物」

黄色いコーンのあいだに挟まれた青いコーンを倒していくミッション。
青いコーンの並んでいるラインに沿ってクルマを走らせよう。
コーナーに置かれたコーンは、ドリフトしながら飛ばせばタイムか短縮できるが、ある程度なら、ドリフトしないようゆっくりとクルマを走らせても大丈夫だ。
しかしあまり遅いとさすがにタイムが足りないので注意しよう。
最初はゆっくりと走り、制限時間内に走りきれないようであればドリフトを考えていく。
この手順で進めていったほうが効率がいい。

ステージ3.5
ドリフトなしで達成できる

コースはひとつだけだが、きついコーナーにコーンが置かれている。
コーンの位置を熟知していないかぎり、スビードを出して走ると対応できないはすだ。
このステージは時間が比較的長いので、ドリフトせずにコーンを倒していっても間に合う。
ランクAAAを取るには1個のコーンのミスも許されないが、ドリフトなしで達成できる。
慣れてきたら、ドリフトしてコーンをはじき飛ばしてみよう。爽快感がぜんぜん違うぞ。


コーンゲート


「確実にゲートを通れ」

黄色いコーンがふたつずつ路面に置かれているので、そのあいだを走っていく。
スタート時にはタイムが少なく、コーンを通るごとにタイムが1秒ずつ加算されるようになっている。
理想としては、コーナーではドリフトしてコーンのあいだを通り抜けるのがいい。
しかし最初のうちは無理せず、速度を落としてコーナーリングしよう。
前半ステージなら、ドリフトせずにクリアーできるステージも多い。
コーナーのどこにコーンが置かれているか、覚えて走っていくと確実にクリアーできるはずだ。

ステージ11.4
コーンの配置を確認しつつ走る

道は広いものの、S字コーナーが続く森とチューリップ畑のコースは難度が高い。
ドリフトで軽快に走り抜けるには、コースレイアウトを熟知しておく必要がある。
しかしこのステージなら、スビードを落としてコーナーリングしてもぎりぎり間に
合うはずだ。
操作性の優れたクルマを使い、ドリフトしないで曲がれるぎりきりの速度を守ってコーンのあいだを通過していく。
こうすればコーンの位置を確認しつつ進めるぞ。


ゾーンランナー


「ゆっくり走れば大丈夫」

指定された青と赤のゾーンを走るミッション。
ゾーンの指定されるコーナーは決まっているが、ゾーンがインに指定されるか、アウトに指定されるかは決まっていない。
なので目で確認してライン取りする必要がある。
これを怠ると大きなミスになるぞ。
序盤のステージは制限時間に余裕があるので、ゆっくり走ってほとんど問題ない。
ハンドリングのいいクルマを使い、滑らせないように走っていこう。
制限時間が足りないようであれば、攻めるコーナーを決めてドリフトで時間を稼いでいくのだ。

ステージ11.2

最初はチューリップ畑、つぎはメトロポリスのコースとなる。
基本的には速度を落とし、ドリフトせすに進んでいけばクリアーできるはずだ。
チューリップ畑は、3つ目のゾーンが失敗しやすい。
S字の最後のコーナーに設定されているが、アウトを指定されると難度が高くなるか
らだ。
ぎりぎりまで膨らんで、ドリフトで滑らせて走ろう。
メトロポリスでは、中間地点の長いコーナーに注意。
速度をかなり落とすこと。


マスメイヘム


「メモを取れば確実!」

上空に表示される数字を計算し、その合計値のルートに進んでいくミッション。
純粋に計算力が間われる途中で計算ミスのような気がしても最後まで計算しておいたほうが助かる場合が多いぞ。
もっとも確実な方法は、数字が出るたびにスタートボタンを押して画面を止め、数字
をひとつすつメモしていく方法。
1コース終了時にメモを見ながらまとめて計算すれば、確実に正しい計算結果をはじき出すことかできる。

シングルレース&ノックアウト

複数のライバルと争う、レース形式のミッション。
ノックアウトはやや特殊で、ステージごとに最下位が脱落していく形式だ。
どのレースもいちぱん重要なのは最後のコース。
ここでミスをすると、大きく引き難していても一気に差を詰められ、抜かれてしまう。レースモードで最後のコースが出現していれば、そこだけ練習して確実に走れるようにしておくのもいい。
コース数が増えるほど最高速が速いクルマが有利となる。


メモリーテスト


「ゲート進入時はスローダウンせよ」

上空に表示されるフルーツの種類を覚え、同じ表示のゲートを選んで走り抜けていくミッション。
記憶力が試されるので、心の中でフルーツの順番をくり返してゲートに備えよう。
フルーツか同時に出現して混乱したら、最低でも決まった位置のひとつだけ覚えるように努力しよう。
また、速度をあまり上げるとゲートをくぐれない恐れがある。
コーナーに設置されたゲートは、スビードを落として慎重に走っていくのが無難。

タイムトライアル&ライバルレース&リバースレース

タイムトライアルとライバルレースは、目標とする相手が明確に決まっているミッションだ。
タイムトライアルはひとつのコースで争い、ゴーストカーと勝負する。
最初のゴーストカーは遅いが、クリアーするごとに速くなるので注意。
ライバルレースは最終コースの走りが勝敗を分ける。
ミスしたときには、クルマを寄せてブロックするテクニックが役立つこともあるぞ。たとえ抜かれてもライバルの速度はそのぶん落ちる。


戦略的クルマ選びでクリアーが楽になる



まずオートマかマニュアルかという選択がある。
ほとんどのミッションがオートマでクリアー可能だが、後半のMAXSPEEDだけはオートマだと不可能に近いので注意しよう。
また直線的なコースでのレースは、最高速が速いタイプが有利だ。
時間に余裕があれぱハンドリング重視のクルマが役立つ。
ミッションによって クルマをうまく使い分けていこう。
このとき、最高速のクルマはいちばん上のやさしいルートでは出現しないことに注意。
序盤のステージ3をクリアーすればF40が使えるので、さきに手に入れておくといいだろう。

ハンドリング&バランス重視

Dino246などのハンドリング重視のクルマは、コーナーでなかなか滑らない。
コーンランナーなど、時間に余裕があるステージで、低速でドリフトせすに走る場合は役立つタイフだ。
F50などのパランスタイプは、それより少し最高速か速いので、さまざまなミッションに使える。

加速タイプ

288GTOなどは加速が速いタイプだ。
ラブクーリエなど、場所によっては速度を落としたほうがいいが、総合的にはある程度速いタイムが求められるようなミッションには役立つ。
スピードのメリハリをつけて攻略するミッションには最適のクルマといえるだろう。

最高速タイプ
F40などの最高速が速いタイプは、ライバルレースなどのタイムを競うミッションにうってつけ。
とくにコース間の道路は直線が続くので、MAX300キロの最高速でライバルを一気に引き離せる。
コース数の多いミッションになるほど、最高遠の速いタイプが有利になるぞ。


難関ミッション


ステージ14.3 ハートコレクター
ハートコレクターの中では、群を抜いて難しいステージ。
加速タイプのクルマを選び、スピードにメリハリをつけて進むといいです。

ステージ15.4 ドリフト
Cape Wayリバースコースから始まり、Ghost Forestリバースコース、Snow Mountain、Cape Wayと続きます。
まずクルマ選びだが、バランスタイプがお勧め。
操作性が高いので、直線で車体を振ってドリフト状態を維持する操作がやりやすいです。
タイムを稼げばドリフトを低速で行えるので、最高速タイプを選ぶ手もあります。

ステージ15.3 マックススピード
コースはCloudy Highlandから始まり、Imperial Avenue、Tulip Garden、Imperial Avenueリバースコースと続いていく。
低速コーナーが難しいので、初心者用のクルマが走りやすいです。
最初のコース、Cloudy Highlandのドリフト区間は単純なコーナーとS字の2ヶ所。
ミスしないように219のハートをきっちり稼ぐ。

ステージ14.4 スナップハッピー
コースはTulip Garden、Metropolis、Ancient Ruinsリバースコース、Imperial Avenue、Cape Wayと続いていく。
撮影区間に近づいたら減速し、低速でドリフトして撮影します。




アウトラン2 項目トップへ