真・女神転生 項目トップへ

壮大と表現してもよい。
物語のテーマは、”神と悪魔の存在”にまで及ぶ。
後の「真・女神転生」シリーズは、本作品を大きな転換点としていることは間違いない。
グラフィック、操作性は進化したが、作者のこだわるオリジナルのテイストは、無骨なまでに残っている。
未経験者も是非!


グラフィックは、さすがに昔のゲームといった印象。
とはいえ、古臭いとは感じられず、独特の世界観、設定として認識できる。
悪魔との交渉、仲魔の合体などのシステムも色褪せることなく魅力的。
一連の「真・女神転生」シリーズ未経験者には入門編として最適か。


サウンド、ビジュアルともにリニューアル。
独特の世界観をそのままに、さらに引き立てている。
ほか、操作性やシステムも若干変わっており、少しプレイしやすくなっている。
読み込みも気にならない。
ただ難易度が高く、ヒントが少な目。
戸惑うけど初めての人はやる価値あり。


スーパーファミコン版の内容はそのままに、グラフィックやメニューまわりをパワーアップ。
はっきりと内容を覚えている人にはいまさらな感じだけど、そうでない人はやってみる価値アリ。
とくにこのシリーズのファンは。
難易度が選べるようになったのは初心者にやさしくて○。



真・女神転生 項目トップへ