エンターザマトリックス 項目トップへ

映画「リローデッド」に登場するナイオビ、ゴーストが主人公。
映画と同じスタッフが「リローデッド」では描かれてない部分を描いているだけあり、モーションやムービー、カメラワーク等はスゴイ。
が、ネオを使いたいって人もいると思うし、物語自体は濃い映画ファン向けかも。


中盤から映画とシンクロし、見えない部分が見えてくる。
関与もでき、計算された作りが興味深い。
キャラのCGは粗いが、個性的な操作系で気持ちよく動かせられる。
とくに、映画的な動きのフォーカスは利用価値が高く、見た目のおもしろさだけでなくアクションの楽しさを広げて正解。


映画とは別の視点でストーリーが進行。
ゲーム時、キャラクターの一部モーションはいまいちだけど、格闘や銃撃などのアクションは世界観にマッチしてかっこいい。
ただ、ヒントが少なくて戸惑うことが多いのが難点。
PS2版は特典DVDつきなのですべてを堪能するならコレかな。


いままでの映画をゲーム化した作品との決定的な違いは、現在公開中の映画と物語がリンクしている点。
しかもお互いを見て始めて全容がわかるんだから、ファンにとっての重要度は相当高い。
逆を言えば、映画を見ないでゲームだけやっても、さっぱり意味が分からないわけで・・


エンターザマトリックス 項目トップへ