September 23, 2007

ファミ通クロスレビュー リアルサウンド〜風のリグレット〜(DC) 25点

リアルサウンド風のリグレット   項目トップへ

サターン版で話題になった、映像のないゲームの移植。
画面を提示するより、音だけによる想像力のほうが、プレーヤーそれぞれに風景を生み出す。
ラジオドラマ的。
テーマは恋。
菅野美穂演ずる奈々には感情移入。
今回は映像はあるが、ゲームの本筋には関係ないBGVの位置づけ。


音声のみのシステムにとやかく言うつもりはない。
ただ、音だけで状況を想像させるならもう少しこだわって作ってほしかった。
屋外シーンなのに、室内で会話してるかのような反響音が聞こえるのはどうかと。
ドラマ好きな俺としては、ストーリーはわりと気に入ったんだが。


追加されたビジュアルモードによって物語に対する想像力が増すか、邪魔と感じるか。
「D2」の体験版つきでこの価格はお手頃、とも思うけど話はサターン版と同じなんだよね。
けっきょく、この物語を好きになれるかどうかにかかっているワケで。
個人的にはあまりハマれませんでした。


ドリームキャストで聞くラジオドラマ。
音楽シーンで間延びすることしばしばだがストーリーは◎。
けどちょっとでも聞き逃すと台無しになるので気が抜けません。
肝心の音質も悪くはないが、演技力で気になる点は多々あるし、ビジュアルモードは表示しないほうが効果的かと。


リアルサウンド風のリグレット   項目トップへ

gamekoryaku at 19:04│コメント(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔