September 25, 2007

ファミ通クロスレビュー 叢 -MURAKUMO 29点

叢 -MURAKUMO   項目トップへ

クールな世界観を紡いでいく演出が巧みであるため、自然と昂揚していく。
メインのミッションもチェイスによる疾走感は特筆すべきで、武器ごとに違う手ごたえもうれしい。
概ねシンプルなゲーム性だが、その中での丁寧な仕上げ方はプレイのリアルさに。
コックピットモードもいい。


奇をてらわないかっこよさ。
機体デザイン、各種の演出、BGMなど、近未来が舞台のロボットものならこうでしょ、という直球のかっこよさに満ちている。
街並みが単なる背景でなく、ビルの隙間抜けに失敗するときとんとぶつかったり、高速道路のトンネルが通れるあたりが○。


ビルの合間を縫って飛行する快感がたまりません。
世界観、演出がかっこいい!
ゲーム自体はシンプル。
目的の敵機を追って破壊するだけ。
でも敵機のルートを覚え、的確に捕らえて破壊していく過程が単純ながらおもしろい。
機体によって性能が違い、難度が変化するのはいい。


美麗なグラフィックだが、敵の後ろを追いかけて撃つだけなのでゲーム中は後ろからの画面になってしまう。
せっかくあそこまで精密に作られているのに、あまりゲーム中に見られることが少ないは残念。
ミスをしても追いつくチャンスが用意されている。
ちょうどいい難易度。


叢 -MURAKUMO   項目トップへ

gamekoryaku at 00:14│コメント(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔