「ドラクエ」をお手本にした茶目っ気たっぷりのRPG。
ゲームバランスがいいから、けっこう楽しめる。
また、謎がそれほど難解じゃないから、ストーリーもとんとん拍子に進んで気持ちがいい。
ただ、足かせが2ヶ所にあって、それがけっこうむずいんだよね。
不親切は、よくないと思うよ。


昔から思ってたけど、ファミコンのロールプレイングって外国の人が主人公のゲームがほとんどだったでしょ。
だから、こーいった昔話みたいなやつが欲しかったのだ。
桃太郎がだんだん年をとってっちゃうっていうのも新しいし、絵もサイコーにカワイイ。
音楽もまたヨロシだと思うね。


キャラクターがかわいいこと、おとぎばなしを下地にストーリーを設定していること、このふたつでもう万里子は気に入ってしまいました。
外のマップやバトルモードの感じがちょっと「ドラクエ供廚辰櫃い韻鼻△海譴倭蠹遊べるんだと思います。
敵キャラたちが襲いかかるときの言葉が好きだな。


「ドラクエ供廚離ロスレビューで「これは桃太郎だな」と書いた記憶があるが、誰しも考えることは同じらしい。
西洋は竜退治。
日本ならさしずめ鬼退治なのである。
とゆ〜わけで桃太郎を題材に、いろいろな昔ばなしを盛り込み、和風RPGの登場だ。
これがなかなかハマっていて楽しめる。


桃太郎伝説  項目トップへ
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet