プレイステーション2版とほとんど同じ内容。
両ハードを持っているなら、どちらのコントローラーが手に馴染んでいるかを機種選びの基準に。
多彩なアクションやアイテムの組み合わせが肝心なゲームなので、操作はかなり複雑。
じっくりと時間をかけてつき合いたい一本だ。


内容は多機種版と同じ。
どの機種でも言えることだが遊びどころが非常に豊富で、同種の競合ゲームにも引けを取らない楽しさ。
ただ、アイデアが走りすぎた点もあり、敵を攻撃する際のコマンドは目新しいが疑問を感じるのも事実。
進行をつまづかせるトリッキーな仕掛けも同様。


各ミッションの目的が明確で、遊びやすい。
ミッション後半で作戦に失敗しても、まえにクリアーしたポイント達成地点からすぐやり直せるなど、ストレスが溜まりにくい設計になっている点はよい。
キューブ版は他の2機種と比べグラフィックの粗さが目立ち、少し見にくいのが残念。


ほかの2機種との違いは色味のみで、少しギラついている程度のもの。
さまざまなミッション、巧みな敵の配置、謎解きなど飽きさせない作り。
若くもなく綺麗でもない女性が主人公で、内容も大人向け。
ゲームキューブのソフトには少ないタイプのジャンルなので気になる人はぜひ。


ローグオプス 項目トップへ



※週刊ファミ通より