グラフィックや箱庭の作り込みは、Xbox版のほうが上。
敵キャラの見た目も違うし、場所によっては進行ルートが違う場合もあるくらい。
ただ、シンプルに楽しみたい人などにはこのリアルさがウザったく感じる場合も。
ネット対戦というメリットもあるので、選べるならこっちかと。


プレイステーション2版と基本操作や世界観背景、物語などは同一。
ただ、Xboxのほうが多少ビジュアルが精微に感じられます。
敵の配置などの細かい点も変化あり。
前作と比較すると、”見つからない”ことの重要性が増し、マップも複雑なので、頭を使う局面が増えてます。


PS2版と物語は同じだが、ステージ構成が若干異なる作り。
こちらのほうがやはりリアルなんですが、その分難しく感じたり。
また、途中でチェックポイントがないため、流れがスムーズで感情移入はしやすいかと。
協力プレイだけでなく、Xbox Live対戦ができる点はXbox版の強み。


Xbox版のほうがマップが広く、敵の配置も複雑になっている。
さらに通信対戦もでき、複数箇所のセーブができるとあれば、断然こちらをオススメしたい。
ただ、敵の思考はどちらも大差はなく、暗闇に対してかなり鈍感。目の前でしゃがんでいるだけで、素通りされたりします。


スプリンターセルカオスセオリー



※週刊ファミ通より