徹底した主観視点によるリアリティーは、さすがに説得力があり、それがひとつに作品として貫かれていることに脱帽する。
反面、アイテムを拾うのも、いちいち視点を変えないと拾えなかったり、探索に苦労が伴う点も。
ナビ役の女性キャラが狭い場所で移動の邪魔になるのは×。


シリアスな物語を一人称視点の制約で進んでいくのはもどかしいが、未体験の刺激をいくつも味わえる。
映画的でスピーディーな場面もあり、操作の巧拙が影響するアクションで乗り切るのがおもしろみになる。
知恵を使うパートの挿入で緩急がつき、プレイがだれないのもいい感じ。


テンポよくミッションがこなせるのはさすがナムコ。
銃だけでなく、格闘のみで敵を倒すシーンもあり、メリハリがある点はよい。
特殊技もなかなかおもしろい。
しかし、視点がめまぐるしく変わるため、見にくくて迷ったり、突然現れた敵に対応しきれないことも。
難度は高い。


アクション要素の多いFPSというコンセプト自体興味深いし、プレイしてみるとほかのゲームにない新鮮味を感じた。
が、格闘戦でしか倒せない敵が出てくると、急激に理不尽な難しさに。
とくに、複数の敵との格闘戦はストレス溜まりまくり。
これだけでかなり損してると思う。

ブレイクダウンBREAKDOWN  項目トップへ



※週刊ファミ通より