見た目の変化とキャラクターの個性づけが効果的に働き、感情移入度がさらに深い。
シナリオ、システムに古臭さは感じず、むしろ完成度の高さを再確認。
原作を再構築しながら新規要素を見事に融合させた、シビアで重厚なRPG。
せめて街ではセーブ可能にしてほしい、とは感じたけど。


主人公達に個性がついたのはうれしい変更。
感情移入しやすく、物語に厚みが増した。
独特のノリは当事のままに再現されており、昔からのファンも納得できると思う。
ジョブ構成が重要で、場合によっては頻繁に変える必要もあるが苦にならない。
戦略を考えるのが楽しい。


主人公に個性がついたのは賛否ありそうですが、キャラ名は自分で選べるし気にならなかったです。
3Dになっても本来の雰囲気が失われず、温かみのあるグラフィックも好感大。
ジョブバランスやセーブ場所の追加など、バランス調整が随所に見られ、丁寧に作られているのも○。


オーソドックスなコマンド式ながら、ジョブの切り替えによって敵との相性や戦略が大きく変わるバトルが秀逸。
ボスごとに最適なパーティーを組まないと苦戦を強いられるけど、それを考えるのが楽しい。
タッチペンでの操作も軽快で、バトルもシナリオもテンポよく進みます。

ファイナルファンタジー掘複庁喩如法々猝椒肇奪廚



※週刊ファミ通より