January 15, 2010

ファミ通クロスレビュー 鬼武者2 PS2

ザクッと斬る。
その快感がさらに極まった。
いろんな武器で、ザクザク斬れる。
秘伝技や奥義でバサバサ斬る。
気持ちいい!
サブキャラの登場で、話に深みも出てきている。
ビジュアル的にも、さらに斬新なリアルさを表現。
前よりも上。
「鬼武者」完成度さらにアップということか。


新たな技も追加され、ザシュザシュと斬りまくる気持ちよさは健在。
ひたすら美しいグラフィックは、もうスゲェというほかなく、サウンドなども含めた雰囲気作りも抜かりなく。
すべての面において妥協というものが感じられない。
あと顔だけじゃなく、声もしっかり優作でした。


テンポよく敵を斬り、発見した奥義を出して倒す!
全体的にわかりやすく、プレイしていて爽快。
戦いを援助するノンプレイヤーキャラやアイテムの交換など、新要素もうまくマッチして、よりゲームを盛り上げている。
イベント時、リアクションがオーバーなのは少し気になる。


前作の基本的なシステムを継承しつつ、コマンド&溜め攻撃、仲間による援護などの要素を加え、その分おもしろさもアップ。
お金を貯めて仲間にあげるアイテムを買う要素も地味だけどいいね。
未体験者でもすんなり入れてて、それでいて前作経験者もやり応えがある内容に感服です。


鬼武者2 項目トップへ



※週刊ファミ通より

gamekoryaku at 14:08│コメント(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔