ビヨンドツーソウルビヨンドツーソウルビヨンドツーソウル


泣けるゲームオブザイヤー2013

主要キャラクターにハリウッド映画スターのエレン・ペイジさんやウィレム・デフォーさんを採用したことも話題になったこの作品。
技術的観点からみると、PS4世代では本流になるといわれる”物理ベースレンダリング”の先行採用や、俳優の身体、顔面、音声のすべての演技を同時に収録してしまう”パフォーマンスキャプチャー”の採用がホットトピックであった。
映画をみる感覚でプレイしてみたところ、グラフィックはもとより、ゲームのストーリーや表現にもかなり感動してしまった。
謎の守護神エイデンの正体が明かされるラストシーンでは、思わず涙が・・・
いえ、泣いてません。目にゴミが入っただけです。

(※週刊ファミ通より)


★ファミ通クロスレビュー(満点40点) 
38点=(10点・9点・10点・9点) プラチナ殿堂入り

攻略
攻略サイト
攻略サイト

動画

ビヨンドツーソウル  の関連商品相場(ヤフオク)
ビヨンドツーソウル  の関連商品相場(アマゾン)





■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet