適度な圧力をかけて血液循環を制限しながら、運動メニューをこなします。

この方法(加圧トレーニング)で身体を動かすと、とても軽い負荷と、短い時間でも普通のトレーニングに比べて、はるかに高い筋力増強効果を得ることができます。
ベルトで血流を制限した状態で運動することによって、「ハードな運動をした」と体が錯覚するからです。

そして、強度の運動をした(=強い負荷がかかった)と勘違いした体と脳は、筋肉がかなりのダメージを受けたと解釈し、その修復・増強を促すホルモンを大量に分泌させるのです。

(中略)

新陳代謝が活発になり、かつ脂肪の分解を促す成長ホルモンの分泌が高まることで、脂肪の燃えやすい、太りにくい体になるといわれてます。
さらに、成長ホルモンの作用で肌のハリやツヤがよくなるともいわれてます。

【薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ ―口と足から免疫力を高めてリウマチに打ち克つ方法 今井一彰】 
第2部 第4のステップ 加圧トレーニングでリハビリを行う より



薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet