かつ関節に負担をかけないでできるように考案されたものです。

スロートレーニングのポイントは、非常にゆっくりとした身体の動きを続けるあいだ、筋肉にグッと力を入れ続け、血液の流れを抑えながら、筋肉内に疲労物質の乳酸を多く発生させるところにあります。

乳酸を発生させることで、軽い負荷でも成長ホルモンの分泌が促され、筋肉が効率よく鍛えられます。
そのようにして、負荷の大きな運動と同じ効果を得るのです。
つまり、加圧トレーニングと同様の考え方であるといえます。

【薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ ―口と足から免疫力を高めてリウマチに打ち克つ方法 今井一彰】 
第2部 第4のステップ 加圧トレーニングでリハビリを行う より



薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet