19世紀中期の江戸での寺子屋への就学率は80%といわれている。
1838年に始まるイギリス最盛期のビクトリア時代でさえ大工業都市の児童就学率が20〜25%程度だったというから、江戸は世界と比べても識字率が高かったと思われる。
実際幕末に日本を訪れた外国人の記録には、庶民が文字を読めることに驚いたといったことがよく書かれている

【朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか 石平】 
第1章 朝鮮半島で育まれた悲しくも迷惑な民族性 より



朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet