たとえば、李氏朝鮮は明に対して忠誠を誓っていたものの、その後、清に攻められて降伏した後は、清のお先棒担いで、かつての宗主国である明の遺臣の掃討作戦を徹底的に敢行している。

そうした民族性は、近代でもよく見られた。
ベトナム戦争では、韓国はアメリカの要請で派兵したが、そのときの韓国軍の残忍さは有名で、村民虐殺はもちろん、現地のベトナム人女性を次々と強姦したため、韓国人の血を引く子供達が多く生まれた。

こうした子供達は「ライダンハン」と呼ばれて、現在でも差別の対象となっている


【朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか 石平】 
第2章 内紛と他力依存に見る韓民族の本質 より




朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか


■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet