(中略)
作戦指揮権はマッカーサーにあったが、李承晩は大統領の権威を笠に着て、恫喝に近いやり方で韓国軍の中枢部に圧力を掛け、無理矢理38度線突破を強行させたのである。

しかし、韓国軍による38度線先行突破が招いた結果は、余りにも重大であった。
国連軍の一部である韓国軍が38度線を越えて北進した結果、アメリカ軍も結局、それにつられて動くかたちで、北進を開始する羽目になった。
もちろん韓国軍だけでは北進統一など不可能であることを知っていた李承晩にしてみれば、アメリカ軍を中心とした国連軍を北進に誘い出すことこそが狙いであった。


【朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか 石平】 
第5章 自立できない韓国と暴走する北朝鮮の宿命 より




朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet