ということを知らずにいる人があまりにも多いからです。
たとえば、歯肉炎や歯周病の予防・対策といえば何が思い浮かびますか?
おそらく、丁寧な歯磨き、歯垢ケア、食事に気をつける・・・などでしょう。
「口呼吸をしない」という対策を挙げる人はほぼ皆無だと思います。
しかし実は、これこそがもっとも単純で有効な方策なのです。
口呼吸をすると、口の中は乾燥し、唾液が少ない状態になります。
そうなると唾液による殺菌・消毒作用が十分に働きません。
結果として口内には悪玉菌が増殖し、口臭や歯肉炎が引き起こされます。

【あいうべ体操と口テープが病気を治す! 鼻呼吸なら薬はいらない 今井 一彰 】 
第1章 口呼吸は災いの元である より




鼻呼吸なら薬はいらない 
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet