ツボを押しても鼻づまりが治らないときは、次の手があります。
液状の「馬油」を、朝昼晩の3回、鼻の中に垂らすことです。

(中略)

火傷に効くということは炎症を抑える効果があると言うことです。
したがって鼻炎にも大いに効果を発揮するのです。
馬油は人の皮脂に近い成分を持っていることもあり、人体ととても親和性が高いのが特徴です。
副作用などもなく、安心して使えます。

適量は1回につき0.5cc程度。
点鼻した後は30秒ほど顔を上げておき、しっかり鼻の奥まで届けましょう。

鼻腔に油の膜が張られて、潤いもキープできます。


【あいうべ体操と口テープが病気を治す! 鼻呼吸なら薬はいらない 今井 一彰 】 
第4章 「あいうべ体操」&「口テープ」ではじまる鼻呼吸生活 より




鼻呼吸なら薬はいらない 
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet