大衆動員型の政治闘争である。
建前上は理想の社会主義文化の創設のために、旧来の封建文化、台頭し始めた資本主義文化を打倒する運動だった。
おりしもベトナム戦争で西側民主主義は自信を失い、左翼勢力が台頭、一部の西側社会の平和主義的左翼人士たちは毛沢東語録に魅了され、中国で素晴らしいプロレタリア革命が進行していると信じて疑わず、礼賛していた。

だがその本質は大躍進などの失政によって国家主席を劉少奇に譲った毛沢東が、劉少奇を失脚させ、権力の奪還を目指す権力闘争であった。


【習近平「文革2.0」の恐怖支配が始まった 福島 香織 】 
はじめに より




習近平「文革2.0」の恐怖支配が始まった
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet