「土地や冨を奪い弾圧してもよい」というシグナルを共産党トップが出すことで、政治や社会に不満を抱える庶民の攻撃の矛先が「ブルジョア・金持ち」たちに向い、社会主義体制への批判が削がれるということを、習近平は毛沢東に学んだのかもしれない。

また、民営企業家の多くは裸一貫から大企業家になったカリスマが多く、馬雲のように国際社会からも支持されていたりする。
習近平と比較しても指導者としての資質が高い。

【習近平「文革2.0」の恐怖支配が始まった 福島 香織 】 
第3章 奪われた経済・企業の自由 より




習近平「文革2.0」の恐怖支配が始まった
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet