監督強化の第1歩として2019年に、アリペイ、ウィーチャットペイのチャージ資金を、人民銀行の当座預金に預けることを義務づけた。
これまでは、こうしたチャージ資金はアリババやテンセントが自前で運用して少なからぬ利益を上げていたが、その利益を政府が接収した格好となった。

【習近平「文革2.0」の恐怖支配が始まった 福島 香織 】 
第3章 奪われた経済・企業の自由 より




習近平「文革2.0」の恐怖支配が始まった
■amazonランキング■
■レトロゲームランキング■
AmazonRanklet