テレビゲーム攻略道 レビュー 書籍やコミックも

レトロゲームも好きなので、自分用のゲームアーカイブも兼ねてます。
レビュー・ゲームソフト攻略法サイト・HP・評価・評判・口コミ・動画

カテゴリ: 一般書籍

めまいがするほど苦しいガス腹が治り、大いびきも小さくなった

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

大顔病といわれた私のほおのたるみが持ち上がり、エラも目立たない
目の下のたるみも取れ、肌も白くなった

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

左右で大きさの違う目がきれいにそろい、あごの肉も取れ小顔になった

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

治らないと医師に宣告された異常性乾癬が驚くほど改善し、うつ病の薬も減らせた

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

アトピー性皮膚炎の肌がきれいになり、頭痛を伴う鼻炎も解消した

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

粘血便を繰り返す潰瘍性大腸炎が落ち着き別人のように若返った

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

・出血を伴う痔が治り、全身性エリテマトーデスは現状維持

・ステロイドの量を減らしても症状が悪化しない

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

全身性エリテマトーデスによる体のだるさが取れ、ステロイド薬も半減できた

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

関節リウマチによる全身の痛みが軽くなり、薬が不要になった
手が動くようになり痛みも激減

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

この部分のたるみ、しわが消え、フェイスラインや首にかけてのラインがシャープになれば体重は減らなくても顔の印象はぐっと違ってくるでしょう

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

”あいうべ”で舌筋の筋力がつけば、仰向けで寝ても、舌を正しい位置で維持できるようになります。
すると気道がしっかり確保され、いびきをかかなくなります。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

鼻を通し、鼻呼吸に変えていくべきです。
(中略)
これが薬本来の正しい使い方でもあるのです。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

”原因物質を避ける以外に治療法はない”といわれ化学物質過敏症の患者さんの中から、口呼吸を鼻呼吸に変えてマスクが取れたり、外出ができるようになるケースが出てきている

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

どちらも副交感神経が優位の状態で引き起こされる病気です

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

そこで、目の乾きを感じるたびに口を大きく”いー””うー”と動かすと、唾液が出てきて口の中が潤うと同時に、涙で目も潤って、不快感が解消します。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】





免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】
第2章 元凶は口呼吸にあり より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

筋肉を使わなければ衰えていくように、鼻も使わなければつまっていきます
(中略)
苦しくとも懸命に鼻で息を吸い込もうとすれば、鼻は必ず通るようになります。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】
第2章 元凶は口呼吸にあり より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

口の中は常に雑菌などが繁殖しやすい状態になります
(中略)
風邪を引きやすくなり、そこから咽頭炎や扁桃炎に発展するケースもあります

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】
第2章 元凶は口呼吸にあり より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

(中略)
空気の加湿が不十分だと、酸素と二酸化炭素を交換する粘膜にも馴染みにくく、鼻呼吸に比べると、酸素の摂取量はぐっと少なくなります。」

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】
第2章 元凶は口呼吸にあり より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

ため息をつこうとすると、自ずと舌の位置が下がるため、口が自然と開いた除隊になり、口呼吸のくせがつきやすくなります。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】
第2章 元凶は口呼吸にあり より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

(中略)
口がポカンと開いて口腔内がいつも乾燥していると、そのことが自律神経の乱れを引き起こすのです。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】
第2章 元凶は口呼吸にあり より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

症状がどこの部位に出ているかだけの違いであって、全身的にみれば同じ炎症
(中略)
口腔内の炎症を治せば、関節の炎症も治まっていく

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

医師の思考を停止させるからにほかなりません
(中略)
その病気が引き起こされた原因や、治療の選択肢について深く掘り下げて考えなくなるのです。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

・関節リウマチ
・全身性エイテマトーデスなどの膠原病
・気管支喘息
・アトピー性皮膚炎
・化学物質過敏症などのアレルギー疾患
・炎症性腸疾患
・高血圧症
・うつ病

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

”二重あごが解消した”といった話が診療のたびに聞かれるようになると、それもまた立派な効能であると考え方を改めるようになりました。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

(中略)
服用していた薬はあえて変えず ”あいうべ” だけに意識を集中してもらいました。
すると、約1ヶ月で過呼吸が収まり、半年後には四種類服用していた薬も1種類となり

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

活性酸素が全身の関節を攻撃して発祥する
(中略)
あいうべによって口呼吸を本来の鼻呼吸に直すのが、治療への最善策といえるでしょう。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

口呼吸の弊害を受けて発祥する自己免疫疾患です。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

同時に、のどが渇けば、人間は緊張します。人間の心と体は、双方向に影響を与え合っているのです。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

美肌や小顔など美容面でも効果が上がるのがおもしろいところです。

【免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」―リウマチ、アトピー、潰瘍性大腸炎にも効いた! 今井一彰】より




免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」

不安があってもより人間的な意味を求めて自己実現をしたいという欲望と二つの欲望の方向が存在する。
つまりそのどちらかを選ぶのは彼自身であり、彼は選ぶ自由を有しているといえるのである。
ここでは、彼は、神経質(症)者としての選択を行っているのではなく、一個の自己確立の出来た日常人としての選択の自由を行使しようとしているのである。

以上のようなことを考え合わせると、神経症的体験は、必ずしも人間にとってマイナスとなるものではない。
苦悩・葛藤を通してその人間を深め、視野を広げ、より豊かな自由を目指す人間形成に役立つともいえるのである。
すなわち、神経質(症)の治療は、とらわれからの解法から出発して、人間としての自由へと向かう一連の過程であると考えてもよいのである。


【森田療法 岩井寛 】
4 神経質(症)の治し方 より




森田療法

”自分の真の欲望を生かしていく”という方向に踏み切ることにした。
しかし、症状を取り去ることはできないから、彼はそれまでに悩んできた症状を「あるがまま」に受け止めるように努力をしたのである。
つまり彼は、身体が震えることを自覚しながら会議に出席し、字を書く手が震えることにひけめを感じながら字を書き、ときには震えながら震えながら黒板に文字を書いたりした。
そして彼はよりよい内容を他の行員に伝達すべく、努力をしたのである。
その結果、かつての彼の業務上の失策をカバーするような業績を上げることができ、他の行員達からも認められるようになって、自信を回復していった。


【森田療法 岩井寛 】
4 神経質(症)の治し方 より




森田療法

気になる事から注意をそらそうと思えば思うほど、反比例して、症状に注意が向かっていってしまうのが常である。
それは、また精神交互作用の悪循環の結果であり、もしそこから脱しようとするならば、、その観念を取り去ろうと努力したり、気になる物事を繰り返して確かめようとせず、”もう少し確かめたい”という不安・葛藤を残したまま、現実における日常目的に行為を移していくべきである。
ここでも「注意の法則」が働き、自分の真の欲望が生かせるような現実目的を果たしていけるならば、そちらにいつの間にか注意が移って、日常生活の流れが強迫観念に中断されることもなくスムーズになっていくのである。


【森田療法 岩井寛 】
4 神経質(症)の治し方 より




森田療法

どうしようもなくなってくるのです。

ところが、私はこういう状態は私以外の誰にでもやってくるものなのだと考え、あえてその状態をなくしようと努力をしないようになりました。
そして一方、話の内容をよりよくしようとか、相手にどうしたらそれが明瞭に伝えられるだろうかとか、自分と他者の間の具体的な効果を上げうることについて一生懸命に考え、努力するようにしました。
すると面白いことに客観的にみると、先生はあがらないとか、落ち着いているとか言われるようになったのです。

【森田療法 岩井寛 】
4 神経質(症)の治し方 より




森田療法

にとらわれやすい傾向にあるのは前述の通りである。
そしてそれに対して「はからう」ことによって、現実逃避的な面がいよいよ増強され、日常生活を歪曲してしまう。

この世に生活する限り、不安のない人間はいないし、人と人との出会いの中で、軋轢のない人間関係は存在しない。
また、人間は条理の世界ではない”不条理の世界”に生きているのだから、いくらこうあってほしいと願ってもそうはいかない。
突然に病に冒されることもあろうし、人に裏切られることもあろう。
時には予想もつかぬ折に死に直面しなければならないこともある。

このようなことを先回りしておもんばかり、「不安」に作り上げてしまうのが神経質(症)者である。
そしてそれによって「とらわれ」の観念を持ち、さらに「はからい」、生き生きとした日常的な現実に背を向けてしまう。

【森田療法 岩井寛 】
4 神経質(症)の治し方 より




森田療法

自分が現実から逃避することを合理化し、自分にとって都合のよいものにしてしまう。
したがって、「とらわれ」と「はからい」の心理が強くなればなるほど、現実逃避の状態は合理化され、日常常識的な生活からはずれていってしまう。
「とらわれ」と「はからい」のなかに浸っているうちは、患者はそれなりに楽であり安心感をもっていられるが、一方、現実からの遊離はひどくなるばかりで、その点で神経症はいよいよ悪化していくのである。

【森田療法 岩井寛 】
2 神経質(症)のメカニズム より




森田療法

強迫観念の場合、歪んだ、あるいは誤った観念に支配され、当事者自身もそれが誤っていると気付いているのであるが、どうしてもその観念を切り離すことができないのに対して、妄想の場合は、ある観念の誤った確信であり、その観念は訂正不可能で現実を無視したものである。

【森田療法 岩井寛 】
2 神経質(症)のメカニズム より




森田療法

したがって、外見上は神経質者のそれと異なって非常に明るいが、つきあっていると、身勝手でうんざりさせられる。

【森田療法 岩井寛 】
2 神経質(症)のメカニズム より




森田療法

いう人がいる。
(中略)
”したいようにする”のが「あるがまま」ではないのである。
一人前の人間として、人生に対する方向性を見出して行動するときに、希望と当時に生じてくる不安や葛藤を、”そのままに認め、受け入れる”ことを「あるがまま」というのである。

【森田療法 岩井寛 】
1 森田療法の基礎理論 より




森田療法

しかもインフレ率は低く、むしろデフレに再び戻らないよう、インフレを起こしたほうがよい状況です。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第6章 米中衝突で浮上する日本経済 より


その信頼は大きく揺らぎます。
国防への投資は、日本という自由な社会、自由な経済体制を、将来にわたって保障するものです。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第6章 米中衝突で浮上する日本経済 より

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第6章 米中衝突で浮上する日本経済 より

娘のイヴァンカさんも夫に従ってユダヤ教に改宗しています。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第6章 米中衝突で浮上する日本経済 より

過剰生産を解消する試みでしかありません。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第5章 断末魔の習近平、そして中国経済 より

返済は未来の指導者や国民に任せようとする。
ジンバブエ、ベネズエラ、スリランカへの融資は、既に返済不能の兆しがある。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第5章 断末魔の習近平、そして中国経済 より

つまり最も危うい国々に、既に巨額の不良債権を抱える中国の銀行システムが取り込まれることになる。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第5章 断末魔の習近平、そして中国経済 より

つまりビットコインの需要が増すときは中国で資金を海外に持ち出したい人が増えている、ということを意味します。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第5章 断末魔の習近平、そして中国経済 より

実は外国からの借金が、なんと400兆円もあります。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第5章 断末魔の習近平、そして中国経済 より

はっきり言って、その原因は、政府と日本銀行の円高容認という極めて間違った政策判断です。

【習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 上念司】
第4章 中国から続々と逃げ出す日本企業 より

このページのトップヘ