すると事故の情報を掴んだ新聞記者はその事故現場へすぐ向かう。
しかし、現場に着くと、炭鉱会社から記者はたっぷりと接待を受けるのです。
ときに女付きの接待を受けます。
それで、さらには悪い記事にはしないということで「原稿料」をたんまりと頂くのです。

【こんなに借金大国・中国 習近平は自滅へ! 石平 宮崎正弘】
第2章 侵略国家中国はソ連同様「人権」で滅びる より