テレビゲーム攻略道 レビュー 書籍やコミックも

レトロゲームも好きなので、自分用のゲームアーカイブも兼ねてます。
レビュー・ゲームソフト攻略法サイト・HP・評価・評判・口コミ・動画

タグ:余命半年の中国・韓国経済

GHQは新聞用紙配給で、GHQに逆らう新聞社には供給しないというあくどい手段を講じた。
このため1945年9月18日、朝日新聞は二日間の発行禁止となった。
その後、朝日新聞はGHQに絶対の忠誠を誓った紙面で再登場してきた。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第7章 「情報戦」で敗退する日本、復活の道を探ろう より



制御不能の金融危機がはじまる

中距離核戦力(INF)全廃条約を破棄し、中距離ミサイルの開発と再配備を宣言した。
INF廃棄は米国が中距離ミサイルを増産し、配備する戦略であって、あくまでも中国の軍事的脅威への対抗措置、日本は歓迎すべきなのである

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第5章 南太平洋も中国発TUNAMIが急襲 より



制御不能の金融危機がはじまる

(中略)
そもそも中国軍兵士は動くことが嫌い、戦争になれば隙あらば逃げようと考えている兵士が一般的であり、司令官はと言えば、「進めっ!」と命令し自分は真っ先に逃げる。
蒋介石は兵士を見捨てたばかりか、花園堤防を切って60万人が溺死しても、逃げるためには非常な方法を躊躇なく選択し、さらにはその責任を日本軍のせいだと宣伝した。
日本軍が近づくや上海をすぐに放棄して南京へ逃げ、そこも防衛できず重慶まで逃げた。
毛沢東はさらにその先の延安の洞窟で三年間も逼塞した。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第3章 アジア「反中ドミノ」にのたうつ巨竜 より



制御不能の金融危機がはじまる

第2は中国人そのものが持つ性質、エゴイズムと拝金主義が、生来の性格、DNAに折り重なって独特な人生観を持つという特徴である。
中国人は宗族第一という特徴がある。
この宗族という文化的歴史的な特徴が分からないと中国の伝統文化の源流が理解できない。
中国人の発想に「戦争も腐敗も善となる」という恐ろしい論理的な飛躍があるのは、宗族という観念に秘密がある。
日本人にはとても理解しがたい、恐ろしい論理は中国のみならず世界に散らばった華僑の世界にいまも生き、彼らを律している。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第3章 アジア「反中ドミノ」にのたうつ巨竜 より



制御不能の金融危機がはじまる

第一は自給自足ができないという生存にとって死活的な要因を欠く脆弱性、つまりエネルギーと食料の自給が出来ない。
米国からの穀物輸入が途絶えると、食肉も養豚の配合飼料もままならない。
逆にアメリカは原油もガスも食料も自給できるという圧倒的な強みがある。
その上水の問題がある。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第3章 アジア「反中ドミノ」にのたうつ巨竜 より



制御不能の金融危機がはじまる

により、華僑を中心に50万人前後が虐殺された。
いまだにこの詳細は調査されてない。
爾後、かなりの長期にわたって華字誌の発行は禁止され華僑は逼塞して暮らした。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第3章 アジア「反中ドミノ」にのたうつ巨竜 より



制御不能の金融危機がはじまる

(中略)
数字の誤魔化しも限界に達し、国有企業の資金繰りができなくなり、失業者が街に溢れ、物価は上昇し、政府への不満は高まる。
だから無理矢理の公共事業を続行せざるを得なくなる。
(中略)
日本の公共投資全額の2倍ほどが、新幹線だけに投じられることになる

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第3章 アジア「反中ドミノ」にのたうつ巨竜 より



制御不能の金融危機がはじまる

し始め、これら対外純債権は天文学的な不良債権となる。
ニカラグア運河中止、ベネズエラ新幹線、マレーシア新幹線の中止ばかりか、習近平国家主席の目玉であるCPEC(中国パキスタン経済回廊)の建設が各地で頓挫しており、このような失敗例が世界各地で山積みとなった。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第2章 トランプ「新ココム」発動で中国排除に出る世界 より



制御不能の金融危機がはじまる

し、「一人っ子政策」をやめたはずなのに新生児が増えてないという未曾有の事態に直面した。
2018年人口統計速報で、中国の人口が250万人も減っていた。
(中略)
事前予測では79万人が増えるはずだったが実際には250万人も減少していた

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第2章 トランプ「新ココム」発動で中国排除に出る世界 より



制御不能の金融危機がはじまる

だぼ鯊のような出願現象を気にする必要も無く、まして「先端技術研究」の論文発表で、中国が30のハイテク分野で80%を占め、米国を抜いた等とするのも偏った分析である

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第2章 トランプ「新ココム」発動で中国排除に出る世界 より



制御不能の金融危機がはじまる

諸外国のように、「外国籍の配偶者を持つ者は将官以上にはなれない」という内規もない。
現に中国人女性と結婚した自衛隊員から軍事機密が多数、中国に漏れている

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第2章 トランプ「新ココム」発動で中国排除に出る世界 より



制御不能の金融危機がはじまる

(中略)
かくしてインテルの貢献が大きく、イスラエルは軍事大国にして、軍事汎用技術でも米ソとならぶ次世代ハイテク技術開発で優位に立ってきた。
特に日本とはハッカー防御技術、暗号解読そのほかでの技術協力がとみに盛んとなった

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第2章 トランプ「新ココム」発動で中国排除に出る世界 より



制御不能の金融危機がはじまる

ではないかという説がある(ドイツはそれを口実に米国から全量を引き上げた)。
同様に中国の金備蓄の数字がどれほどの信憑性があるかという問題がある。
中国が売り出している「パンダ金貨」は南アの「クルーガーランド金貨」と同様に国債的には通用しない(購入する業者はスクラップ扱い)。
なぜなら中国の金塊もコインも金の含有率が99.9%(スリー・ナイン)であり、国際基準は99.99%(フォウ・ナイン)だからだ。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第1章 いま世界で本当は何が起きているか より



制御不能の金融危機がはじまる

中国の米国企業買収が、実に95%減っていた。
まさに「トランプ効果」は激甚である。
付随してアメリカの中国人留学生、客員学者、交換教授ら4000名が「スパイ容疑」の摘発を怖れたのか、そそくさと中国へ帰国していたことも判明した。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第1章 いま世界で本当は何が起きているか より



制御不能の金融危機がはじまる

産経新聞の田村秀男氏の試算によれば、「外貨資産の64%しかドルの裏付けがない」という寒々しい状態、暴落前夜の様相になってきた。
つまり残りの36%は通貨の垂れ流しをしていることになり、この意味するところは人民元の大暴落である

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
プロローグ 中国と韓国経済の崩壊は秒読み より



制御不能の金融危機がはじまる

このページのトップヘ