不動産価格の暴落を防ぐため、デベロッパーに対して不動産物件の安売りを禁じる「行政指導」を行っているとの話が伝わっています。
だから不動産価格は簡単には下がりません。
政府の禁売令、あるいは値下げ禁止令が本格化すれば、不動産市場はどうなるのでしょう。
想像できるのは、値下げ禁止だから誰も売らない。
売らなければ投機が出来ないから誰も買わなくなる。
中国の投機ニーズが消えれば、鉄鋼、セメントをはじめとする全ての不動産関連産業は死ぬだろうし、地方政府はほとんど破綻するだろう。
ということは、中国の市場経済はそれで終わりとなる。

【習近平がゾンビ中国経済にトドメを刺す時 石平 渡邉哲也】
第1章 驚きのゾンビ中国経済 より