第一は自給自足ができないという生存にとって死活的な要因を欠く脆弱性、つまりエネルギーと食料の自給が出来ない。
米国からの穀物輸入が途絶えると、食肉も養豚の配合飼料もままならない。
逆にアメリカは原油もガスも食料も自給できるという圧倒的な強みがある。
その上水の問題がある。

【余命半年の中国・韓国経済 宮崎正弘】
第3章 アジア「反中ドミノ」にのたうつ巨竜 より



制御不能の金融危機がはじまる